ABOUT PENNAROLA
Profile of PENNAROLA

自転車大国イタリアの数あるバイク・メーカーの中で、 新進メーカーとして注目を浴びるPENNAROLA<ペンナローラ>。
<ROBERTO PENNAROLA>氏が1985年、自らの名前を冠した工房をトリノに立ち上げました。
最先端技術を積極的に取り入れた魅力的なデザインを次々と発表し、PENNAROALAの名前と賞賛は徐々にイタリア中に広がっていきました。
そして2005年、その一途なモノづくりに対するひとつの証として、バイク・メーカーの栄誉となる賞を獲得しました。

<Bike of the Year 2005>


イタリアのバイク専門誌として著名な「CICLISMO」が主催する その年のイタリア市場における最も優れたロード・バイクに贈られる賞を、PENNAROLAの代表モデルであるACRUXが獲得したのです。

美しく、常に先進的で乗るひとに感動と満足感を与えるバイク それがPENNAROLAがめざすバイクです。
デザインの国イタリア生まれらしい、計算された美しいフォルムに加え、 PENNAROLAが特に力を入れるのがペイント。
まるで先端IT製造企業のようなペイントラボを所有し、 他の有力バイクメーカーからペイントの依頼を受けるほどの実力です。
さらに、カーボンやチタンやケプラーなどのハイテク素材を取り入れ、 より軽量で剛性に優れたフレームを追求しています。
先端の技術を独創的で美しいペイントで仕上げた高品質バイク、それがPENNAROLAです。

<着実なモノづくりを土台に、数量を限定して高機能・高品質な製品を 価値ある商品として大切に販売する>この販売スタイルは、 スキーブーツのレクザムの販売スタイルと全く同じです。
2006年にPENNAROLAの地元トリノで開催されたオリンピックで活躍する日本製スキーブーツはPENNAROLA氏の記憶に鮮やかに刻みこまれ、 レクザムを総代理店としてPENNAROLAの新たに日本へ進出することが決定しました。
PENNAROLA氏の日本に対する要望はただひとつ、
「私の愛するPENNAROLAを大切に販売して欲しい。」
この望みに応え、2008年からレクザムはPENNAROLAの販売を開始しました。